フルモデルチェンジしたrush全容量入荷

今週はフルモデルチェンジした国産ランニングバックパックの雄、rushシリーズを4型入荷しました。
先行発売した5rを入れるとこれで新モデルは全容量コンプリートとなります。

今回入荷したのは3 12 20 30リットル。
大きさを比較するとこんな感じになります。
最小から最大まで10倍ものレンジ、5rを入れると5段階の容量で、パッキングして走る楽しさを提案するのがrushの全容になります。

容量は違えどrushといえば動きやすくブレないフィット感ですよね。
共通項は肩甲骨を覆う感じで固定する高めの重心。
30でもこれだけ高い位置を取れることで、キビキビと走れるのです。

rushのもう一つのポイントは、ポケットの提案力。
バッグの醍醐味はモノの出し入れにありますから、バッグ力をガチで問われる部分です。

rush12はオールラウンドなランニングバックパック。
5rが中距離トレイルにおけるミニマムな収納を極めたのに対し、12ℓは容量アップして長距離を狙えるポジション。
フロント開閉のメインポケットの奥に回り込んで大きく開くもう一つの収納を設置。
この2つの仕分けは持ち物を事前に分類する事になるので、長い距離を走る上では出し入れの時短に繋がって役立ちます。

rush20はデイパックのサイズをランニング向けにチューンアップした意欲的なモデル。
デイハイクから通勤ランまでラン以外の持ち物を収納しつつ軽量化を徹底。コーデの幅が広がるデザインに仕上げられてます。
収納はメッシュポケットのついたフラップで開閉するデイパック方式を踏襲。用途や容量から考えるとこれが一番自然だと思います。
20以上はレインカバーが付属してるのも有難いです。

rush30は200km1週間などウルトラクラスの大会やテント携行など宿泊を含んだアクティブな旅程をクリアするファストパッキングモデル。
メイン収納が大きいのでサイドファスナーが出し入れの効率化に有効。
付属のバンジーコードでポールを固定できたり、トップフラップはロールしたマットを運べたりと拡張機能も充実してます。
このクラスで軽量化とフィット感を追求したものは少ないのでニッチな鋭さを持ったアイテムです。

rush3は手のひらに収まるパッカブルタイプのバッグ。
手ぶらで走り出して水を買ったりしたら広げるなどフレキシブルに使えます。
サコッシュとランニングバッグを合わせたような感覚は類を見ないので未だに新鮮。
背中のメッシュポケットは通気性が良く、使わなくても快適性を維持する合理的な収納です。

ちょいブラから連泊まで思いついたらいつでも走れるパッキングを提案するのがrush。
常に持ち物はコンパクトにまとめて身軽に行動できるこのシリーズは、レースを中核としつつもランニングの楽しさを多様に表現した良質なギアとなっています。

店頭では全モデル試着可能ですので、是非フィット感をお試しください。

rush商品ページに進む

高機能セットアップがCCPから

ビジネスのドレスコードに制限がない方も、キャリアの発展とともに次第にセットアップに身を包む事が増えてくるのは自然な事。
スポーツマンが敢えて着るセットアップなら、スポーツウエアの快適性が欲しい所。

今回CCPから出た2wayストレッチセットアップはスポーツ志向の機能性を徹底して高めたものです。

ジャケットは3ボタンにサイドベンツとクラシカルなスタイルを踏襲しながらも、素材に縦横2wayのストレッチが効いたナイロンを採用。
肩に立体的なパターンを採用した事も相まって、のびのびとした動きやすさを実現しています。

表面にピケ調の凸凹が出る二重織り構造の為、接地面が少なくべたつきにくくなっており、背裏と前身頃合わせ部分はメッシュを使用。
薄くて軽く、撥水性もありレジャーに適した素材でありながら、品の良い雰囲気を持っています。

両前脇下のダーツにベンチレーションを装備したのが斬新な特徴で、汗抜けを一気に向上。
コンシールファスナーによる開閉なので、閉めればは全く目立たない仕様です。

同素材のパンツは腰から腿にかけてゆとりがあり、膝下が細くなったテーパード。自転車通勤でも勢いよく漕いで膝が突っ張りません。

両腿の脇に大胆なベンチレーションを装備した事で、動きやすさを高め、蒸れやすい腿から腰にかけての通気が良くなります。
こちらもコンシールファスナーを採用してるので、閉めると目立たなくなります。

スーツとしてシャツと合わせれば、3ボタンによる細身でクラシカルなシルエットが鮮明に。

スポーツウエアさながらの快適性を味わいつつも、スタイリッシュなシルエットに身を包む事でクリエイティブな仕事をしやすくするのがCCPの2wayストレッチセットアップです。

CCP商品ページに進む

TetonBros ユーザーの声から生まれたシェル発売

今週は桜の持ちがよくて長く楽しめる春になってますね!
そして花見にもちょうどいいTetonBrosの新作が続々入荷しました。
今回入荷したのはFriction Pants、Wind River Hoody、KB Jacketの3型です。

Friction Pants
薄手ながら縦横2方向のストレッチがよく効いており、摩擦に強いコーデュラを使用したロンパン。
きれい目だけど動きやすくて岩の上に座っても平気なので、これからの季節のランニングからハイキングまでタフに使えます。

斜めにカッティングした独自のパターンを採用してるのが特徴で、生地は斜め方向により伸縮しやすい性格があるので、一般的なストレッチパンツよりはるかに動きやすく仕上がっています。
生地の斜め使いは自然と細くまとまる働きもあり美しいシルエットをかたどる一挙両得パンツ。

Wind River Hoody
Mサイズで95gと驚異的な軽さを誇り、極薄の生地は防風性と撥水性、ストレッチ性を備えているため、非常使い勝手の良いシェル。
私も昨年から使ってますが、この薄さは体温調節に最適で春や秋はもちろんのこと、ランニングだと冬にも使い勝手が良くて結局一年中使ってます。

まとめると手のひらサイズまでコンパクトになるので、バッグに忍ばせやすいのも出番が増えるポイントになります。

KB Jacket
今回注目の新作はこちら。
Tetonと言えばTsurugi Jacketというほどの大定番の山シェルがありますがプルオーバーなため、幅広く使うには前びらきが欲しいという声が多く、それに応える形で開発されたシェルです。

前開きに加えて両側に大容量のポケットがあることで、確かに使い勝手は抜群。
そして何より素材のNeoShellは、柔らかくて蒸れず、防風性と防水性に優れるという至れり尽くせりの心地よさが満点。
ユーザーの声を反映した商品自体が珍しいですが、これはシュッとしたかっこ良さと合わせて着て満足度が高い一着です。

TetonBros商品ページに進む

MMAから新たなライン TMRCが誕生

今週はMMAから大量に入荷がありました。
今回から開始されたのはTMRCのコレクション。
TMRCはトーキョー マウンテン ランニング カンパニーの略。
MMAがいつかオープンするであろうランニングカルチャーショップを先取りしたオリジナルを提案する試みです。

TMRCのロゴをあしらったトップスは90年代っぽいポップ感のあるデザインが特徴。
ノースリーブは2トーンの配色が鮮やかで、2種類のメッシュ素材を使用。
背中側のメッシュが特に通気性が良いのでトレイルを駆け抜けるのにザックを背負った背中の汗抜けをよくします。

TMRCのランパンもスポーティーさを感じさせる2トーンで、フロントの配色部分に東レのDOT AIRという無数の通風孔があいた通気性抜群の素材を配しています。
MMAのランパンは柄物が多いので、このデザインは新鮮ですね。

メッシュキャップはTMRCのロゴをあしらったものと先に出たランパンと同柄の迷彩を使ったものが発売。
TMRCの方は綺麗な丸型で、カモの方はややミリタリー調の形になっています。

TMRCのロゴTとの組み合わせもくどすぎずスッキリまとまります。

そして今回注目を集めているのがランニングリュック。
本体はクラシカルなリュックサックですが、フロントのハーネスはランニング用のフラスクを入れられるものになっているという斬新な構成。
これなら、少し距離を伸ばした街ランや帰宅ランからタウンユースまで幅広く使えそう。

上にあったノースリーブと合わせるとトレランっぽいし、パッカブルのウインドシェルと合わせると街っぽい。
どちらのスタイルも一つのリュックで行けるって今までなかった感じです。

盛り沢山になった今回のMMA。
一つ一つがよく練られているのはもちろんの事、トータルでコーディネートしやすくてスタイルが浮かび上がってくるのはさすがだと思います。

MMA商品ページに進む

rush 5r ウルトラトレイル用レーシングベスト

今週は桜も開花していよいよ春が始まりましたね!
トレイルランニングの世界だと今月末にハセツネ30kという大きな大会があるので、ランナーの皆さんは最終調整に向けて集中してることと思います。

そんなタイミングに向けて急遽航空便で1ヶ月前倒しして発売されたのが、今季から取り扱いスタートのrushのランニングバックパック5rです。
rushは日本のガレージブランドの急先鋒として、ハイキングとランニングに向けたギア系のバッグ小物類を提案する
メーカー。
rush5rはウルトラトレイル用の特別モデルRUSH UTを元に誕生したレーシングベストです。

まずはイメージ動画をご覧ください。

rush5rの特徴はフィッティングの良さ。
ショルダーハーネスを調節できるのがユニークな点で、これによってほとんどの体型で胸から肩にかけて隙間なくピタリと固定ができます。

脇下のコードを引くとワンタッチで裾が締まり、下部をしっかりホールド。動画のような激しい動きでも全く揺れないフィッティングが完成します。
これによってrush5rはサイズ展開がないので、買うときの悩みが一つ解消されます。

rush5rはネーミングとは裏腹に7リットルの収納。
そんなに大きなサイズではありませんが、シェルをアウトポケットに収納したり、付属のバンジーコードをつけることによって荷物が増えた時に外付けで対応が可能。
本体としてはあくまで小さめ、軽めでいけるので体力の消耗を防いで身軽に走れるサイズです。

収納に関してはきめ細かい工夫が随所に凝らされてあるので、プロダクトムービーでご確認ください。

色展開はブラックの他にスカイグレーがあります。

今年のトレイルシーンを牽引するギアの一つになることは間違いない驚異的な完成度に仕上がったrush5r。
日本人ならではのフィット感とサイズ感は過酷なトレイルになるほど安心感をもたらしてくれます。

rush商品ページに進む

MMA春夏 ベストなランパンが入荷!

週末はMMAの春夏商品がどどっと入ってきました。

今回入荷分をまとめてご紹介します。

Camo Air Light Run Pants
今シーズンのイチオシのランパンが本作です。
ポイントはランニングにグッと指向性を高めた機能性のアップとMMAならではのオリジナルのカモ柄の融合。
足上げをよくするために通常よりやや短めの丈感になっており、素材は近寄ってみるとこまかな通風孔が無数に開いているメッシュ構造の新素材をつかっています。
メッシュとは思えない色のりのよいカモ柄は写真のデザートカモが新色。

Say Hello Trim Tee
トレイルで人とであったら挨拶しようというメッセージは、かたぐるしくないマナーといえるもの。
今回はTシャツとスリーブレスの2型で展開してます。
Tシャツは脇がメッシュになった通気性の良いオリジナルボディを使用。
ネイビーにライムは新鮮な元気配色だと思います。
XSからLまで展開。

Side Slit Run Skirt
レディスでもスポーツ指向の新型ランスカが登場。
通気性と足上げをよくするために脇のスリットを広く取ってあるのが特徴。
無地ですが、ライナーのボーダー柄が脇からでも覗くのがアクセントになったいかしたデザインです。

今回のアイテムをコーディネートしてみました。
スリーブレスはやや細めのバランスになっています。
ランパンの丈感もこれで感じがつかめると思います。

最新入荷のアイテムは、goodrのサングラスFRANK AND MORRISのキャップNewBalanceのMINIMUS
キャップは在庫が少なくなってきたので気になる方はお早めにです。

MMAのこの春のテーマはTOKYO MOUNTAIN RUNNING COMPANY。
MMAがいつかオープンするであろう、ランニングカルチャーセレクトストア。
毎回制作されているMMAzineではショップとして撮影協力をさせて頂きました。

コネクテッドもランニングのカルチャーを様々な角度から体験できるショップとして成長していきたいと思います!

MMA商品ページに進む

NewBalance MINIMUS 裸足感覚のトレランシューズ

今季からランニングシューズとしてNewBalanceの取扱を始めました。

第一弾としてMINIMUS MT10をご紹介します。

NewBalanceは、1906年のアーチサポートのインソールの製造メーカーとして開業。ランニングシューズは矯正靴を出発点として1930年代から開発しており長い歴史を誇ります。
健康靴をベースとするブランドとして履き心地の良さで定評のあるNewBalanceが2012年にナチュラルランニングを指向して立ち上げたラインがMINIMUS。
それまでのクッション性重視の発想から、ベアフット、裸足感覚で走ることで怪我を防ぐ発想の転換をしたことで、トレイルランナーから大きな支持を得たモデルがMT10だったのです。

再デビューとなったMT10はドロップ4mmとほぼフラット。
ソールに重厚なクッションはなく、地面の感覚を的確に伝える重心の低いランニングポジションをとれます。

メッシュのアッパーは汗を吸収発散しやすい素材で出来ており。母指球の辺りにめぐらせたベルトが甲をホールド。指が楽に動かせながら甲のフィット感を調節できるので地面をしっかり捉えられます。

後部のベルトも適切な位置にあることでかかとが浮かず、ベアフット特有の足首の動きをサポート。

NewBalanceは足幅のサイズ展開を世界で初めて提案した事からもフィット感へのこだわりは強く、MT10の幅は広めのD。ゆったりと足入れして甲の形に沿うようなフォルムは地下足袋を想起させます。

MT10が地下足袋と異なるのはVibramを採用したソール。
はいてみると、地面の突き上げを受けすぎない絶妙な厚みに調整されたうえでの強力なグリップ感があり、MT10だけの強力なインパクトとして伝わってきます。

山を走れる都会の忍者になったような感覚を味わわせてくれるNewBalanceのMT10。
LUNA SANDALにも通じる、履きなれる事で野生に目覚めていく味わい深いランニングシューズです。

NewBalance商品パージに進む

goodr ランニングテンションを上げるサングラス

花粉の季節がやってまいりまして、本日などは早くもスギ花粉のピークと言われます。
天気の良いにはランニングの疲労軽減の為にも、花粉を和らげるにもサングラスが重宝しますね。

本日入荷はランニングシーンで話題沸騰中の噂のサングラス、goodr(グダー)です。

goodrはアメリカ西海岸生まれのランニングを楽しむ為のサングラス。
カラッとした明るい色使いがファッショナブルな仕上がりであるにもかかわらず、機能性を重視したモノづくりがされていてコスパも高い良いトコづくしのブランドです。

goodrのサングラスはランニングに役立つ以下の機能を標準装備。

・低価格でありながらUV400の偏光レンズを使用。
・5層構造のレンズで紫外線からしっかり目を守る。
・軽量なフレームがぴったり頭にフィットしランニングをしてもズレない
・テンプルは特殊な滑り止めコーティングのフレームで汗をかいても滑らない

税抜きで3700円とは信じられないような充実ぶりです。

アメリカ西海岸のブランドどいうことでファッション感度も高くて、ランニングといえどもこんなご機嫌なイメージをアイテム毎に撮ってます!
大会に出ると大抵こんなコスプレランナーは速いんですよね。。。

老兵がかけてもそれなりに収まってくれるバランスの良いデザインは嬉しい限りです。

フラミンゴ柄の袋はマイクロファイバー製で、レンズを拭けるもの。
パッケージも含めてオシャレなのでプレゼントにも喜ばれます。

goodrをかけて今年のランニングのテンションをグーンと上げてまいりましょう!

goodr商品ページに進む

F&M 走れて収納力抜群なロングパンツ

いよいよ明日は東京マラソンという事で世の中のランニング熱も一つのピークを迎えますね!
トレイルの大会も今月からは始まり出すので、今トレーニングに励んでいる方はすごく多いのではないでしょうか?

本日はFRANK &MORRISからトレーニングに適した新作ウエアが到着しました。

TSUBAME LONGSLEEVE Tee

FRANK & MORRISではこれからはツバメをアイコンとしていくようで、ワンポイントで刺繍をあしらったランニングロンTがでました。
生地はポリ100ながら化繊ぽくないナチュラル感があり、カジュアル感覚で着れます。

大会用の勝負ウエアとは違った立ち位置で程よく力の抜けた仕上がりは体温調節に役立ち、春秋冬と3シーズン
にわたるトレーニングで重宝しそうです。

TSUBAME RUNNING LON-PAN

もう一型のツバメシリーズはロンパン。
緩めのタイツくらいの細身のシルエットで移動用というよりはランニングジャージです。

生地はとても軽くて大会に履いていくのにバッグにしまいやすくてグッド。
柔らかいので、激しい動きにスムーズに対応します。

左右についたポケットは大容量でパッカブルシェルが入っちゃいます。
これ、走りながら脱着できることになるので便利ですよね?
さらに内部ポケットもついていて、鍵やスマホを揺れないように固定出来ます。

先ほど試走してみましたが、暑くならない生地感がとても走りやすく、クールな色目が街に溶け込みやすいので正にトレーニングに最適だと実感しました。

トレイルの大会などでは朝晩の山の冷え込みがゴールデンウイークごろまでは続くので、まだまだ重宝する使い勝手の良いジャージです。

FRANK &MORRIS商品ページに進む

ALTRA新作入荷 26日試走会を開催!

今週は気温が高くなってランニング日和な日が増えてきましたね。
日々のトレーニングにも出やすい感じになってきたのは花粉を除けば嬉しい限りです!

そして続々と入荷してきましたのは、ALTRAのニューモデルたち。
詳細は各商品ページをご参照いただくとして、ここでは今回の入荷モデルをまとめてご紹介します。

TORIN KNIT 3.5M
たっぷりとしたミディアムクッションを採用した事で、上級者にとってはウルトラでの疲労からくる筋力低下をサポートし、初級者にとってはゼロドロップへの移行をスムーズにする幅の広さを備えたモデルがTORIN。
ニットアッパーを採用したこのモデルは昨年秋の発売ですがごく少量しか入荷がなかったため、今季が実質デビューとなります。

TORIN KNITはタウンにコーディネートしやすいシックなファッション性があるので、街ばきとしてスニーカー兼用もOKな快適な履き心地。
ランニングへの一足目として入りやすく、スキルアップに応じて長く付き合えるモデルがTORINです。

SUPERIOR 4 M
ALTRAのトレイル魂を象徴する山のグラフィックを遇らう新たなモデルとしてSUPERIOR4がフルモデルチェンジしました。
トレイルシリーズでは最も軽量、柔らかなニットアッパーによって足指も楽にうごかせます。

重心は低めで、地面の感触をしっかりしたグリップで捉えながら、バランスの良いクッションが快適にサポート。
SUPERIORはこの感触を付属のストーンガードを入れる事で調整でき、走行状況にフレキシブルに対応できるのがポイント。
軽やかな走りやすさがご機嫌なトレイルシューズの誕生です。

TIMP TRAIL 1.5 M
圧倒的なクッション性をトレイルで発揮するTIMP TRAILがアッパーに耐久性を高めて進化しました。
足入れしてまず感じるのはソールの安定感。
甲の幅が広い事で知られるALTRAの中でも甲が広めで足裏が安定しつま先からかかとまでがっしりと地面をグリップ。
長距離走の疲労を軽減し、荒れた路面の突き上げをガードしてくれます。

ローンピーク4がミッドソール硬めのセッティングに移行したことで、もう少し福よかな厚みと弾力性を備えたTIMP TRAILはより明確な住み分けができました。
脚力があまり強くないランナーも入りやすいトレイルモデルを一つ選ぶなら断然TIMP TRAILです。

来たる2月26日にはALTRAの新作試走会を兼ねたグループランを開催します。
20時からのスタートになりますので、スケジュールの合う方はぜひ試しばきして感触をお確かめくださいませ!

ALTRA商品ページに進む