カテゴリー別アーカイブ: SALOMON

トレランバックパックは王道を使う

3月に入って暖かい日が増えたことで、そろそろトレイルランニングの季節がやってきましたね。
今月はSALOMONからトレランバックパックの20202年モデルを3型入荷しました。

今回入荷の商品はSALOMON側の意向でオンラインショップでの販売はなく、ブログで商品をご紹介。
実店舗での販売か通販の場合はメールで対応させていただく事になりました。
メール対応についてはこのページの最後にご案内させていただきます。

全モデル共通の特徴

SALOMONはトレイルランニングのバックパックの主流となっているベスト型を最初に発表したブランドであり、給水方式にソフトフラスクを導入したのもSALOMONが最初と言われています。
ベスト型はベストのように本体をはおり、胸前でドローコードを締めてフィット感を調整する方式。
どの大会に出ても着用率が最も高いことから王道を行くブランドであることは間違いありません。

ポケットが前後合わせて豊富についており、大きなスマホから予備バッテリー、ジェル、鍵、キャップからウインドシェルまで収納できてしまうため、メインコンパートメントに余裕が生まれるほどになります。

本体を圧縮するドローコードは内容物の揺れを防止してフィット感をよくしています。強い力がかかるパーツのため、万一破損した場合はメーカー側で交換用のパーツを準備しているのも安心です。

今回全モデル共通のアップグレードはフラスクの吸水口。
ロックがかかるようになり、激しいトレイルでも、バッグの中でも不要な水漏れが起こりません。

ADV SKIN 12SET

ADV SKIN 12SETは12リットルを基準に容量が11Lから20Lと可変になるモデル。
大は小を兼ねるで短距離のレースから使えるのが良さですが、この容量が本領を発揮するのはレギュレーションで装備の要求レベルが高くなる50km以上の中長距離レースからと言えます。

メインコンパートメントはサイドジップで開閉。
縦型ファスナーのため下部までものが取り出しやすい。

色展開はブルーと新色エボニー。
エボニーは街ランでも使えるシックな色合い。
SALOMONのブルーはトレイルで鮮やかに映えます。
サイズはS M展開。Sで日本のMに相当します。

ハイドレーションシステム搭載
ソフトフラスク付き
寸法(長さx幅x奥行cm)40 x 20 x 12
重量277(g)
付属品込みの重量335(g)
税込18,700円

キャップ MMA×narifuri Dot Camo Cycling Cap
バフ MMA×narifuri Dot Camo Buff
ランパン Stretch Vehicle Shorts/Eldoreso
シューズ SENSE RIDE3

ADV SKIN 5SET

AdvancedSkin 5 SETはメーカー発表では0から最大5リットルまでとありますが、実際は5から10リットル位の可変モデル。
ピッタリとフィットする軽量薄型なのが特徴。
容量が少ない分初心者向きかと思いがちですが、パッキングになれた上級者にもユーザーが多く、大会ではむしろこちらの方が多く見かけるくらいです。

メインは上からのポケット式なのでスピーディーな出し入れが可能。フィット感が良いので入れたものは固定されます。

色展開はブルーと新色エボニー。
サイズはS M展開。Sで日本のMに相当します。
>

ハイドレーションシステム搭載
ソフトフラスク付き
寸法(長さx幅x奥行cm)38 x 20 x 6
重量228(g)
付属品込みの重量308(g)
税込16,500円

ADV SKIN 8SETW

ADV SKIN 8SETWは女性に完全に特化した全くの新製品。
容量は8リットルを基準に6Lから10Lで可変します。

メインコンパートメントはポケット式で簡単に出し入れができ、ファスナー付きポケットもあるいいとこ取りのデザイン。

特殊な形状をしたソフトフラスクを下部に設置した事で、前を締めた時に胸を圧迫しない独特な形状が特徴です。
色展開はブルーとローズ。
サイズはXS S展開。XSで日本のSに相当します。

ハイドレーションシステム搭載
ソフトフラスク付き
寸法(長さx幅x奥行cm)37 x 18 x 9
重量251(g)
付属品込みの重量331(g)
税込16,500円

SALOMON商品ページに進む