PEDAL DAY参加してきました!!

昨日は代々木公園で開催された、初の本格的自転車野外フェス、PEDALDAYに出店してきました。

ペダルフリーマーケットは夕方5時からということで、Depoさん、BlueLugさん、Wbaseさん、Rinprojectさんなど自転車業界のそうそうたる顔ぶれが一同に介して、自転車からパーツからウエア小物までかなり何でもそろう一帯ができあがりました。

ペダルフリーマーケットというだけあって、皆さん自転車に乗って寄ってくるので、フリマ地帯の周りにわんさか自転車が集まってるという状態です。そして、ステージで楽しいライブ演奏が行われていたこともあって、集まった人達同士の宴会地帯になっていったのですが(笑)。。

私は午前中に、この日が誕生日でペダルデイに出演するハンサム判冶さんというアーティストネットで発見してツイッターで紹介したのですが、偶然にも現場で知り合うことができました。判冶さんは元気いっぱいにステージで熱唱して
もりあげていたのですが、今日のブログを見たら打ち上げで朝までもりあがって始発で九十九里浜まで輪行して砂浜を走ったと書いてあってびっくりしました。

そして夜になってバイシクル・フィルム・フェスティバルの映画が上映。
これは映像を大スクリーンで上映しながら下にDJがいて曲をかけていて、その前のスペースでは来場者が珍しい自転車を試乗してぐるぐる回っているという
なかなか見たことのない楽しみ方になっていました。

また、自転車を使ったアクロバットショーもやっていて、高く積み上げられた台に飛び乗ったり飛び降りたりというアクションに声援が送られていました。

その他にも、このイベントを中心的にオーガナイズしていたTOKYO
DESIGN FLOW
によるナイトクルージングも行われていて、遅い時間になって自転車集団が代々木公園に戻ってきて
上気した雰囲気で打ち上げをやっていました。このクルージングに参加した人たちも独得のカッコをした人たちの集団になっていたのですが、思わず見とれてしまって撮影することを忘れてしまいました。

このPEDAL DAY 友人が「90年代のクラブカルチャーが始まった頃の雰囲気にどこか似てるね。」と言ってました。
何が似てるのか考えてみたのですが、自転車という切り口で映画やアトラクション、参加型のクルージング、フリーマーケットなどいろんな事がオーガナイズできたことで
今まで一箇所に集まることのなかった人たちがぎゅっと集まれた。そしてお互いの持つエネルギーの濃さにわくわくしたんじゃないかなと思いました。

そしてムーブメントが始まるときって、何かを発表する側も面白いけれど、集まってる者同士も同じくらい面白くて参加者が受身一方じゃない感覚を味わえるのが醍醐味だと思うのですが、
この日はそんな空気があふれていたのでした。


コメントを残す