旅道具トラヤ 展示会開催!!

今週は思わず旅に出たくなるような道具をハンドメイドする素敵なブランド、旅道具トラヤ Toraya equipmentのCONNECTEDでの展示会をご案内します。

Toraya Equipment 展示会 @ CONNECTED
3/3 ~ 3/7 2017

Toraya Equipmentの展示会は今までなかった形式のブランドとユーザーのふれあいの場。
商品は既製品としての店頭展開はなく受注生産のみ。
しかも全商品を工場に出さずに自分達でハンドメイドしているのです。
そして全国各地を旅しながらのショップで展示会を開催し、自分達で接客しながら注文を受け、後ほど生産してお届けするというスタイルをとっています。

旅の途上の出会いの場からものが生まれ、届けられるという、ユニークなブランド、
Toraya Equipmentを知っていただくために、ディレクターの浦壁さんにインタビューしました。

Q : 浦壁さん御自身はどういった経緯でTORAYAを立ち上げることになったのか教えていただけますか?

浦壁 : 旅をする時に山の道具を使っているという方が多いのではないでしょうか。
私たちはそれがベストではないと感じていて、「旅をするための道具」というジャンルがあってもいいのではないかと考えるようになりました。
そこで、ただ旅に使いやすいというだけでなく、旅に出たくなるような、旅が楽しくなるような、機能的で遊び心のある道具をつくりたい。というのが始まりでTORAYA EQUIPMENTを立ち上げました。

Q : TORAYA EQUIPMENTのブランドコンセプトについて教えていただけますか?

浦壁 : 私たちが最も大事にしている想いは「外へ出ること」です。
私たちにとって旅は距離ではなく、自然や人や文化との出会いから影響を受けることだと考えています。
どんな手段でも、国でも、場所でも、近所の散歩や通勤でさえ、一歩踏み出してしまえばそれは旅のひとつ。
外へ出ることは旅すること、いつも通る道をひとつ隣の道に変えるだけで新たな出会いがあるかもしれません。

Q : TORAYA EQUIPMENTは100%ハンドメイドのものづくり、展示会形式のみでの受注と全くユニークな展開をされていますが、そのスタイルに込められた思いをお聞かせいただけますか?

浦壁 : 現在のところ店舗やwebでの販売はせず、展示会などでのオーダーのみとしております。
というのも、うちの道具は個性が強く使い方に少しコツがいるので、実際に手にとり、気に入って、使ってみたいと思った方に購入していただいています。
ネットでの買い物は便利な反面、気に入らないことも多く使わなくなりますが、使われなくなってしまうのは、つくり手として売れないことよりも心苦しいのです。
また、私たちのブランドコンセプトは「外へ出ること」です。
道具を通じて、私たち自身出会いを感じたいですし、感じて欲しいという想いから、行商という売り方が今の自分たちに合っていると感じています。
ネットやメールで購入できるようにする方が間違いなく儲かりますが、今はそれをしないことが自分たちにとって大切なことだと思っています。

365 STRETCH カーゴパンツとタイパンツが交配したような斬新なデザインながらモダンなライフスタイルにマッチしたパンツ。

105 PEDAL 105 PEDALは大きなアウトポケットが前面についたスクエアなバックパック。

196JOURNEY 旅をしたいと思い立った時に、パッと荷物をつめ込んでサッと背負って出かけられる、そんな場面をイメージした旅のためのバックパック。

各画像をクリックしていただくと、ブランドの商品ページにジャンプします。

そして先ほどCONNECTED限定の商品が届きました!数量限定ですが、こちらの商品のみ即売品です。

5日間のみの開催ではありますが、気になった方は是非ご来店ください。

お待ちしてます。

Toraya Equipment ウエブサイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です