夏の大移動、素材と目的からバッグを選ぶ!

夏休みも近くなってきて、帰省や旅行など移動の計画を立てている方も多いと思いますが、今週は全く違った立ち位置のバッグが2つのブランドから入荷してきました。

gron S

ハンドメイドで丁寧に1点づつ仕上げられ、使い勝手をしっかり高められたショルダーバッグがripaのgron。
休日のお出かけなどにちょうどいいSサイズが新たに入荷です。

gronは蝋引きのキャンスを使用していて、最初はごわごわしてますが、使い込むに連れて柔らかくなり、手の油分を吸って深いに色合いにエージングしていく様を楽しめます。
斜めに切り替えられたラインがそのままショルダーストラップになった立体的なデザインは均整のとれた美しいもので、つけてみるボディから浮かないで寄り添うようになる、とてもよく考えられた仕様です。

トートバッグとしても使える2ウエイ仕様で開口部は開きすぎを抑えるためのドットボタンが仕込んであるところなどグッド!
見た目はおしゃれですが、細かな部分まで実用性に富んだ機能をしっかり盛り込んである実力派のバッグです。

gronは通勤用から小旅行までこなせるMサイズも合わせて選ぶことができます。

TL3 PACK

ripaがローテクの実力派だとすると、ハイテクの実力派になるブランドがBlack Ember。
ノースフェイスのプロダクトマネージャーが始めたブランドです。

今回の新入荷は30ℓと大容量のTL3 PACK。
スリムなフォルムなので大きさをあまり感じさせずスッキリと背負えるのが使ってみた第一印象です。

TL3はマグネットでロックがかかるマグロックや、別売ポーチをいたるところにつけて機能拡張ができたりと斬新な機能を満載していますので、よかったら下の動画をご覧ください。ディテールへのこだわりのすごさが感じられる映像です。

TL3 PACKにポーチをつけてみると下のような感じです。自分で外観を変えられるというカスタマイズ感覚が新しいです!

Black Emberは2ウエイで使える25ℓのCITADEL PACKも入荷しており、目的に応じて選ぶことができます。

いかがでしたでしょうか?
ローテク派とハイテク派のバッグ対決。
身近な移動ならローテクでナチュラル感のあるもの、長距離や天候変化も考慮した移動ならハイテクでシュッとしたもの、というのがコネクテッドのセレクトとなりましたが、今回入荷のバッグは本当に細部までよく作り込まれてあり、書ききれないディテールがいくつも盛り込まれています。

夏の計画にお役立てください。

ripa商品ページに進む

Black Ember商品ページに進む


コメントを残す