Ministryがパンツで採用した驚きの新素材とは?

ビジネスの場面で問題なく使えて、さほどフォーマル過ぎず、動きやすかったり雨に強いパンツがあったら便利だと思いませんか?

今週ご紹介するのは、そんなテーマで一筋にスタイリッシュで機能的なウエアを作り続けてきたMinistryの新作、キネティックパンツ
Aviatorシリーズから連なる第3世代の登場です。

キネティックパンツは見た目にはオーソドックスなスラックスのスタイルを踏襲。
しかしながら、日本の新素材プライムフレックスを使用したことで、まるでスポーツウエアのようなしなやかなストレッチ性を備えた新感覚のパンツです。

特徴1)
プライムフレックスは織物なので見た目にも肌触りもノーマルなスラックスの質感ですが、ニットのようにしなやかで驚くべき伸縮性があるのが特徴。はいて見るとメチャメチャ柔らかくてストレスフリーな感覚です。

特徴2)
キネティックパンツは着用者の体熱を利用して皺を柔らかくします。通常着用から約15分で肌に有害な化学物質を一切使わずに皺を伸ばすので、アイロンなどのメンテナンスが不要です。もちろん家庭用洗濯機で洗えます。

特徴3)
防水性があり、透湿性も備えているので、雨の日の出勤も得意分野。
生地の内側は水分を吸収し、外に放出すると拡散して素早く乾かします。防水性素材の不快な蒸れを味わうことがありません。

シルエットは膝下がテーパードがかかった美しいもので、ジャケットとの相性も抜群。
Aviator2のヒップ周りにゆとりのあるフォーマルめのシルエットに対して、サイズスペックは変わらないのですがシャープなシルエットになっています。
腰の部分が幾分高くなったので、自転車に乗った時のフィット感も向上しました。

カジュアルダウンしてオフタイムも着回せます。

目を引くギミックは一切なく、あくまで機能性の向上とシルエットの洗練をテーマにアップグレードしたのがキネティックパンツです。

Ministry商品ページ進む


コメントを残す