デザインの良いブーツは濡らしちゃダメ?

12月は年末年始の大移動シーズンに向けての装備特集をお送りしていますが、足元対策はもうおすみですか?

年末は何かと歩く距離が長くなるので疲れにくい履物が好ましいことと、天候が読みにくいので雪や雨が降ったとしても心配ない装備でのぞみたいところ。

今週お届けする、Muroexeの新作ブーツはそんな悩みを解決してくれる、心強い味方です。

VOLCANO

VOLCANOはネックに弾力性に富んだライクラを用いた斬新なデザインのショートブーツ。
この部分が寒風を防ぐとともに、とても柔らかいので足首の動きがブーツを履いているとは思えないくらい楽。
アッパーには防水性の高いPVCを使用しており、ソールはATOMと共通の長時間履いても疲れにくいので安心です。

軽やかなスポーツフィーリングがあることから、
この秋冬に入荷したCCPのジップアップパーカーホボレーパンロングで合わせて見ました。

MATERIA BOOTS

MATERIA BOOTSはMATERIAをベースにしたドレッシーなハーフブーツ。
超軽量で足入れが大変よし。ネックの部分は裏地にポリエステルメッシュを使用しているので足首の当たりがソフトで快適です。
アッパーには防水性の高いPVCを使用しており、長時間履いて疲れないソールは厚みがあってクッション性に優れた履き心地です。

寒さも本格的になってきたことで、nauのダウンコートジョガーカーゴにFLASHPACKERのウールキャップでコーディネートして見ました。

今日ご紹介したのは、デザインがいいものはラフに扱えないという常識を破ったタフな仕様のブーツ。
デイリーユースから旅のお供までカバーしてしっかりあなたの足元を固めます。

Muroexe商品ページに進む


コメントを残す