伝統と最先端を融合したオールラウンドジャケット

Ministryはテクノロジーを用いて、スマートなワークスタイルのためのウエアを提案してきたブランド。
1月にはフォーマルを志向した新ラインVelocityシリーズでスーツを発表しましたが、今回は動きやすさに優れたメインラインを進化させた新たなジャケットが発売になりました。

Kinetic Blazer
毎回こだわりのある素材を使用するMinistryですが、今回はプライムフレックスという新素材を採用。
この素材の特性その1は、劣化しないストレッチ性。
一般のストレッチ素材はポリウレタンを配合し経年劣化することが弱点ですが、この素材はポリウレタンを含まないため劣化に強く、長期間良い状態を保ちます。
伸びの良さも今まで以上。

特性その2は丈夫で雨に強い撥水性。
天気の崩れを気にせずに出かけられるので、アウトドアウエアのような感覚で着れるジャケットです。

特性その3は体熱でシワが取れること。
裏地なし、肩パッドなしでカジュアルな仕立ての為バッグに入れて持ち運べますが、着用すれば体熱で15分でシワがのびてきます。

肩甲骨のヨークはMinistryならではのラウンドしたカッティング。
これによって肩を回した時につっぱらずに楽に着れる立体的なパターンです。

縫製箇所には伝統的なテーラード仕立てを採用し、袖や身幅など体型に合わせたお直しが容易にできるようになりました。

Kineticシリーズはセットアップにこだわらずにコーディネートを楽しめることを志向したライン。
スリムなフィッティングやシャープなシルエットはそのままにデザインをニュートラルに持ってきています。

同時入荷のAEROのボタンダウンシャツとはこんな感じで。


AERO B.D.Shirts グレーストライプ
Kinetic Pants ブラック

今週入荷のドレスTシャツ、STIRともマッチ。


超度詰ハイゲージTサイドポケット

体型を問わずにフィットし、オフィスから天候不順の屋外までスマートに着回せるジャケット。
この理想形を開発する為にMinistryが選択したのは、
最先端の素材から伝統的な仕立て、そしてデザインのポジショニングまでユーザーにとって使いやすいことを最優先した柔軟なかいつまみでした。
Kinetic Blazerはオールラウンドジャケットの最新型です。

Ministry商品ページに進む


コメントを残す