Tsurugi Liteはなぜ運動に適したシェルなのか?

高地での大会への出走は誰もが天候を読みきれず、装備に頭を悩ます所。
装備には体感的な個人差があり、絶対的な正解がないので、現地の天候を下調べした上で、過去の参加者のブログなどを参考にする事をお勧めします。

今週入荷のTsurugi Lite Jacketは、これからの季節の装備に強い味方となってくれるシェル。

ブランドはTeton Bros。
機能素材を最も豊富にとり扱える背景を持った日本のメーカーで、現場で活動するアクテビティストの意見を基にした商品開発をしていることが、ユーザーに堅い信頼を得ています。

Tsurugi Liteに使用されているのは、PolarTech社のNeoShell。

この素材の最大の強みは、通常の防水透湿素材の2倍の通気量があること。
内から外、外から内へと常に微細なレベルで風の通しの良い状態を保つ事で、運動時の急な発熱をスムーズに逃がしてくれます。

加速した時に一気に蒸れて不快になる事ってよくありますよね?
あれに強いのがNeoShellなんです。

基本性能として防水性、防風性にも優れるので、強風で寒くなる事はなく、蒸れずに着れるレインジャケットとしても優秀です。

実際着用してみると、気がついた事は3つ。
1 軽量で柔らかな素材感が扱いやすく、肌触り等も含めて
Tシャツで心地よく着れる事。

2 生地の質感以上に蒸れない通気性。
微細な通気量は肌で感じる事はないレベルだそうなので、あくまで不思議な感覚ではありますが、
これなら春夏で快適に着れそうです。

3 立体裁断が行き届いていてとても動きやすい事。
Tsurugi Liteはアームホールを広くとってあるので、バッグパックを背負ったまま上からザックリ着ることも容易です。

運動に適した透湿性を確保しながら、軽量でしなやかな素材を使った事で、トレランやハイキングをサポートするのがTsurugi Lite。

春夏は寒暖差や湿度の差が激しい季節。
一枚で柔軟性を発揮して、状況変化を乗り切れる事が結果として軽量化にも繋がりますから、Tsurugi Liteは確かなポジションを持ったシェル。
装備に関するあなたの悩みをサポートしてくれる一着です。

TetonBros商品ページに進む


コメントを残す