NEXTへの扉 RIDGE MOUNTAIN GEAR開始

ハイブリッドキューベンって聞いたことありますか?
知ってる方はそれなりの山の通、もしくは山ギアの通でしょう。
主に山系のバックパックに使われてきたこの素材の特徴は、軽くて丈夫、そして水に強い事にあります。
そしてちょっと変わってる点として紙に質感が似てるんですよね。
今回はそんなハイブリッドキューベンの特性に注目した1人のクリエイターが開発した大変珍しいというか、恐らく世界初のポーチをご紹介します。

Travel Pouch Plus JUN OSON on the DCF Hybrid “Hiker”

「Dyneema® Composite Fabrics Hybrid」通称ハイブリッドキューベンを使用したトラベルポーチ。
イラストレーターJUN OSON氏による、ロングトレイル歩くハイカーをイメージした「Hiker」がプリントされてます。

使い始めはとても張りの有る生地ですが使っていくうちに折り皺が付きしなやかになっていくのも特徴です。

サイズは横約20cm×縦約15cmに上部マチ約1.5cm、下部マチ約4cm。男性の手のひらより少し大きめくらいで、写真のように必要な物をコンパクトにまとめられます。

カメラ系とか、メディカル系とか、行動食系とかテーマを決めてまとめるのも良いかも知れません。

側面にはハンドループを設けていますのでザックやバッグからの取り出しの時の引っかけや、ファスナーを開ける時に握る事によりスムーズに開閉できます。
単体での持ち運び時にもこれがある事で掴みやすいです。

上部両端にはループを設けてあるので、別売りの「Shoulder Strap Tough」をつけるとショルダーポーチに。
目的地についた後の行動バッグとして使うのもいいですよ。

着用してみるとこんな感じ。重さ28gなんで何せ軽いです。

色展開はホワイト、グリーン、グレー、ブラックの4色展開。
どの色も抑えたつや消しの色調です。

ハイブリッドキューベンにプリントを施した新鮮な発想の持ち主はRIDGE MOUNTAIN GEARの黒澤雄介さん。
デイタイムは「山と道」のスタッフとして勤務しながら、
あいた時間を使ってユニークかつ良質な山のギアをハンドメイドで制作するマイペースなブランドです。

山系バッグの頂点を極めたと言われる「山と道」での経験を活かしつつ、着々とNEXTな発想を暖めている黒澤さんのモノづくりをこれからフォローしていきますので、ご期待下さい。

RIDGE MOUNTAIN GEAR商品ページに進む


コメントを残す