真夏でもサラサラに着れるAPOLLO3 ポロ

関東では本日梅雨明けが発表されて、記録的な早さだそうです。
今年は早めに猛暑がやってきそうですね。
という事でコネクテッドでの梅雨明け第一弾商品が入荷してきました。

APOLLO 3 POLO

Ministryの代名詞ともなっているのがNASA開発の体温調節素材。
夏には皮膚の温度を下げてくれ、蒸し暑い時ほど清涼感のあるさらっとした肌触りとなるのが特徴。
この素材を使ったポロシャツが、アップデートしてAPOLLO3となりました。

生地は通気性がコットンの19倍と大幅に向上したのが特徴で、着用した第一印象は前モデルと比べてもさらにスムーズな肌触りとスースーな感じ。
これならかなり期待できそうです。

首回りは台襟のあるトラディショナルなスタイルなので印象はとてもクリーン。
襟に入った芯は洗濯しても型崩れを起こさず常にピンと立つので、襟立て派にとっては朗報です。

背中のヨークはMinistryが人体工学を基にして開発した、肩の動きに寄り添うカーブを描く立体的なパターンを採用。
これで肩がつっぱることなく楽に動けます。

色展開は杢調の表情が柔らかなグレーヘザーと抑えた光沢が上品なブラックの2色。
MMAの8ポケットユーティリティショーツとも好相性です。

Ministryはビジネスウエアがメインラインですが、ポロシャツは着回せる範囲が広いのでカジュアルも全然オッケーですよ。

アクティビティに対応するレベルの快適性を備えつつ、ミニマルなデザインがスタイリッシュなAPOLLO3 POLO 。
オフィスカジュアルからオフタイムまで幅広く活用できる真夏対応のポロシャツです。

Ministry商品ページに進む


コメントを残す