スポーツ手ぬぐいはついつい遊びたくなるって?

6月の終わりに新柄を入れたところ。梅雨明けとともに急に売れ行きが良くなって、今週早くも3回目の追加をかけることになった注目の商品が出てきました。

それは

CHAORASのスポーツ手ぬぐい

日本古来の手ぬぐいの形を踏襲しつつ、素材にバンブーレーヨンを使用した事で吸汗速乾性が加味され、ファッショナブルな柄も選べるという、今までなかった新ジャンルの小物。

本編ではこの夏特に人気となっている柄や使い方を取り上げてみます。

今回新たに加わったのが、麻生地を使ったライン。
素材に麻を使用し、注染という伝統的な染め方をした事で、手ぬぐい本来の風合いが良く出ています。

こちらは青海波。

和風でありながら、ミニマルな反復性のあるパターンは身につけてみると洋服に合いやすいのが面白いところで、ちょっとしたアクセントになります。

こちらは市松。

濡れた髪を乾かすような使い方はとても正統的な使用法。
レオパードのモノクロはスポーティな素材に持ってくると真逆感が以外と映えます。

マウンテン派に好まれる傾向があるのはタイダイ。
タイガーカモは同系色に合わせやすく、落ち着いた深みが出ます。

キャンプやフェスではこんな巻き方もありというのが、通称フェス巻き。
巻き方のリンクはココにあります。
UVカット力が高くて、首の後ろの日焼けを防ぎます。
こちらはバティック柄。

ランなどではザックリと頭に巻くのが、簡単で固定しやすいのですよ。

汗を吸ってくれて乾きやすいゆえ1日に何度でも使えるのがスポーツ手ぬぐい。

汗っかきも1本持ってるとついつい遊びたい気持ちを刺激されてしまうお茶目な小物です。

CHAORAS商品ページに進む


コメントを残す