軽くて動きやすいナイロンパーカー

秋のアクティビティにおいては、動きやすいアウターが必要となってくるところ。
あなたはどんなものを準備してますか?

今週入荷の2WAYフードロングスリーブは、CCPからの提案。
一般的にはウインドシェルなどをTシャツの上に羽織ると思いますが、プルオーバーのナイロンパーカーといういわば死角からのアプローチです。

2WAYフードロングスリーブ

マットな質感のこのパーカーは素材にライクラタフタを使用。
薄手で袖を通すと接触冷感をうむヒンヤリとした肌触りでドライタッチ。
べとつきにくく蒸れずに着れます。

ライクラタフタは縦横2ウエイのストレッチがよく効いている事が特徴。
弾力性に富むのでのびのびと着れてフィット感があります。
この素材だとプルオーバーの方が着やすいということだったのです。

適度な防風性も備えており、冷え込みから体を保温。
小さくたたんでバッグにも入れやすい。
似た性格のものではTeton Brosのウインドリバーフーディがありますが、超がつく薄手で春夏向きなため、秋冬だとこちらが使いやすい感じです。

首元はノーマルの状態でネックウオーマー。
あげるとマスクになるので、冬には自転車やバイクなどに重宝。

ポケットは前身頃の下半分が繋がった大容量型。
袖口には指ぬきがついているので寒風の侵入を防ぎます。

デザイナーの佐藤さんもお気に入りの一着で、冬にはダウンの下に着て移動し、ハーフの大会ではアウター使いで完走されました。

ランの腕振りもストレスなくできて、汗冷えしにくいのが2WAYフードロングスリーブ。
カットソー的に着れる身軽さとアウターに求められる機能を兼ね備えている希少なパーカーです。

CCP商品ページに進む


コメントを残す