トレイルからタウンへ着回せるnauの秋冬ライン

気象庁によればことしの秋冬は暖冬の予想。
昼は過ごしやすくて朝晩は冷える日々が続いてますね。

RandyGoat Crew
今週入荷してきたのはnauの秋冬ライン。
パタゴニアとナイキから独立したスタッフが始めたnauは、山と街が隣接したポートランドのブランドらしく、トレイルを好む者にとってのタウンよりのラインが持ち味です。

RandyGoatはnauが発案して定番的な支持を得ている素材。
メリノウールとフリースが一体化しており、おもて面はウールの表情、裏面はフリースになっていることから、軽くて暖かい、しかも体温調節に適している、消臭効果があるといったいいとこ取りの生地。
ここから今の季節に必要な朝晩に暖がとれ、昼に暑過ぎないウエアが産み出されます。

今年初登場のクルーネックはTシャツの上から着やすくて、シンプルなデザインがアウトドアにもタウンにも合わせやすい汎用性の広さがポイント。
同素材のパンツも入荷してます。

QUINTESSENTSHELL WATERPROOF TRENCH COAT
この秋冬でお役立ち間違いなしと注目していたアウターも入荷しました。
シームテープ処理を施した防水性に優れたシェルの素材を使用し、ハーフ丈のトレンチのデザインに落とし込んだモダンなコートがシェルトレンチ。

寒風を防ぎ、雨の日には傘いらずで出かけられ、蒸れない快適性を保つシェルの機能性はタウンでも大いに有効。
マットな色合いに杢調の表情豊かな生地を使用することで、画一的になってしまったアウトドアブランドのシェルとは一味もふた味も違う仕上がりになっています。

前出のRndyGoatのパンツと合わせたnauスタイル。
固すぎないデザインはトレイル、タウン、通勤と幅広いレンジで使いやすく、どんな日にも着ていける全天候対応の機能性が安心です。

この後本当に暖冬になるのか冷え込むのかはまだわかりませんが、レイヤリングをしてあらゆる状況に対応するマウンテンウエアの発想をベースにしたnauは、トレイルランナーにもオススメしたい大人志向のブランドです。

nau商品ページに進む


コメントを残す