走れるアウターならRun With Alpha

ようやく雪の情報や冷たい風が吹くようになって冬らしい冬が来たのは良いことだと思いますが、つい先週に夏のような暖かさを経験した身にはこの冷え込みはこたえますね。
走り出すに前にも装備を確認してからでないと出足を挫かれます。

今週ご紹介するのはまさにこんな時期から役立つランニングアウター。
Teton BrosのRun With Alpha(ラン ウイズ アルファ)です。

Run With Alphaは脱着のしやすい斜めのファスナーがデザイン的にもアクセントとなったプルオーバー。
見た目にもわかるように非常に柔らかな素材を使用しており、ストレッチもよく効いていることから動きがとてもスムーズで全くノーストレスで腕振りができます。

ポイントはアルファという機能性中綿の使用。
中綿がしっかりとデッドエアを蓄え体温を暖かく保ちつつ、格子状の隙間があることで通気を生み、走ってもウェア内部が過剰に暑くなったり、ムレてしまうことがありません。
このアルファを前身頃や腕、肩に配して保温し、脇下や背中は蒸れないように一枚構造にしたライニングこそが走れるアウターとしてのRun With Alphaの真骨頂。

フロントのファスナーはダブル開閉にしたことで走りながら外気を取り込み調整ができます。

フードも視界を遮らずにフィットする実戦的な仕様。

フロントポケットに簡単に本体をしまえるので、走りながらの脱着にも対応します。

ウインドシェルだけでは寒いけれど着衣を増やしたくないという冬の状況に即した、本格的な走れるアウターがRun With Alphaです。

Teton Bros商品ページに進む


コメントを残す