冬のインナー フルフェイスパーカーはどれ選ぶ?

本格的な冬に入った事でアウターと併せて着まわしのきくインナーも調達したい所だと思います。
コネクテッドの真冬のインナーのイチオシはCCPのフルフェイスパーカー。
今年もバリエーション豊富に入荷してますので、各モデルの特徴をまとめて解説させてください。
あなたにとって最適のフルフェイスパーカーを見つけてもらえたらと思います。

まずはフルフェイスパーカーの基本仕様をおさらい。
首元にゆとりがあり寒風を防ぐため、自然な状態でネックウォーマーの役目を果たします。
鼻まで上げればマスクになり、フードをかぶるとフルフェイスになるので、冬の朝晩などの厳寒時にも保温性を発揮。
両サイドにポケットがあるのはアウター使いした時に便利で、袖口の指ぬきは手首を温めます。

ボーダーフリースフルフェイス
基本無地が多い中でフカフカした毛足の長いフリースにお茶目なボーダーが施されたアイテム。
フワッと軽い上に長い毛足は中空に空気の層ができるため、インナーで着た時の保温効果が高く、しっかり暖がとれます。
共生地でキャップも出てますので合わせるとテンションが上がりますよ!

フルフェイスロングスリーブ
縦横2ウェイにストレッチが効いたとてもしなやか素材なのでとても動きやすいダイナマックスを使用したモデル。
程よい厚みは秋から春まで3シーズン着回すのに最適です。
太陽光に反応して発熱するのが普通じゃない特徴で、晴れて冷える日が続く地域に強いモデルです。
脇のポケットはなく、パイピングも控えめなのでカジュアルに合わせやすいデザインです。
ダークグレーとライトグレーの2色展開。

2ウェイフードロングスリーブ
秋冬ものの中では最も薄手で縦横2ウェイにストレッチするナイロンを使用したモデルが2ウェイフードロングスリーブ。
デザイナーの佐藤さんはこれをハーフマラソンの大会で使用。
程よい防風性と通気性があるためランTやベースレイヤーの上に着て丁度走りやすいのです。
畳むとコンパクトになるため携帯性も優秀。
もちろんインナーとしても使い勝手良好です。
運動量の多いスポーツ使用に向いたテクニカルなモデルです。

フルフェイスベスト
今年初登場のフルフェイスのベストはボアフリースに迷彩柄が施されたインパクトの強いモデル。
ボアフリースはやや肉厚のため袖がない事で丁度インナーとして着やすいバランスに仕上がっています。
前身頃には裏地もあるので、アウターの前を開けても防風性充分。春秋にアウターベストとして使う時にも機能し、サイドポケットも備えています。
グレーとカーキの2色展開

ウォームキャッチフルフェイスパーカー
フルフェイスパーカーの標準となる素材がウォームキャッチ。
防風性が高いのが特徴で、生地の内部に空気をためて、裏地がフリースになっている為保温してくれる仕組み。
スリムな生地感で暖かく吸汗速乾性があるので、汗冷えを防ぎます。
自転車やスノーボードなど風を受けるアクティビティやバイク等にも最適。
迷ったらコレを買っとけば間違いないという万能性の高い素材です。

CCP商品ページに進む


コメントを残す