合体するハイクバッグ、BuddyとSwing

先週はグループランの特別編として奥武蔵でトレイルランを行いましたが、風がとても気持ちよくて山を堪能できました。

トレイルでは多くのハイカーさんと出会い、ハイキングとしても絶好の季節が巡ってきたことを確認。
今週入荷したのはハイキングに役立つバッグ、BuddyとSwingです。

Buddy 22/33
Buddyはデイハイクからテント泊までをカバーするバックパック。22ℓと33ℓの2つの容量があります。
シュッとしたデザインとアーバンな色使いはタウンでも溶け込みやすいので汎用性が高く、とても軽量。

スタッフバッグに仕分けした荷物をわかりやすく整理できて、ハイドレーションも装着可能。トップのスタビライザーにはマットなども装着。背中のメッシュパッドやウエストベルトが取り外し式になっているのも使いやすいです。

Swing M/L
Swingは防水性の高い3ウエイバッグ。MとLの2サイズ展開。

水や食料など容量が変化するものはメインのポケットに収納し、財布やスマホはフロントポケットに仕分け。
山と高原地図をアウトポケットに入れて、ゴミ類は背面ポケットとハイカーの行動に即した収納は痒い所に手が届く配置です。

BuddyとSwingはフロントストラップで合体。これで地図を見ながら進む態勢が取れます。

SwingのLサイズ専用で別売りでインナーカメラバッグもあります。

サイズはミラーレスクラスが該当し、α7ⅲもジャストフィット。標準ズームまでならジャストで収納できます。

デイリーユースや旅行から本格的なハイキングまで機能性高く使え、地図読みや撮影にも対応するのがBuddyとSwing。
単品で楽しんだ後に買い足すのも楽しみが広がります。

Buddy商品ページに進む


コメントを残す