Run With Octa 寒風下のランを快適にせよ!

今週は関東でも氷点下を記録。
毎年のように暖冬だと言いますが、今がもっとも寒い季節なのは間違いありません。
今週入荷のTetonBrosのRun with Octaはこんな極寒期のランニングを快適にするテクニカルアウターの最新形です。

薄く柔らかな20dナイロンで覆われたボディは撥水加工がしてあり、ちょっとした雨ならなんのその。
首元は寒風の侵入を防ぎ、斜めのファスナーは下から開ける事でボディに空気を流し込めるベンチレーションの役目を果たします。

内側に少量でも保温性を発揮するインサレーションが薄く仕込まれてあり、この部分の素材が今年から帝人のOctaに変更されました。
Octaは直接肌に触れても快適性があり、ベースレイヤーとの摩擦によっても毛抜けすることがありません。

このOctaは前身頃、腕、肩甲骨の周りに仕込んであり、脇や背中は通気性をよくしてあリます。
これによってオーバーヒートを防ぐと同時に、低体温症も防ぐ機能性を発揮するのがランニングアウター、Run With Octaです。

Octaを使用したアウターはプルオーバータイプのRun With OctaとフルジップタイプのSmooth Jacketの2型で展開。
トレイルランニングやトレーニングには上体をストレスなく動かしやすいRun With Octaがおすすめ。
通勤ランや移動着としても兼用する場合はSmooth Jacketが使いやすいかもしれません。
暑すぎず寒すぎずのバランス感に優れるので、季節の対応範囲が広くプルオーバーで3シーズン、フルジップでは通年での着用に対応します。

上がRun With Octa Sサイズ、下はSmooth Jacket XSサイズで着用。
プルオーバーは可動域を考慮して若干余裕を見たサイジングになっています。

薄手のウインドシェルを使うと重ね着用にウエアが増えてしまう悩みを解決するマルチなアウターがRun With Octaです。

TetonBros商品ページに進む


コメントを残す