メリノウールに軽やかなデザインを

今日あたりは、関西や九州からこられた方からは東京は寒くて体温調節が難しいと言われます。
こんな季節にはメリノウールが一番重宝するところ。

折しもMMA秋冬第1弾として、まさにメリノウールのランTとジップロングスリーブが入荷してきました。

メリノウールはオールシーズン対応で、吸汗速乾性に優れた天然素材。
極細な糸からなるニットはソフトな肌触りで着心地が良く、天候変化や運度をしても肌を適温のサラサラの状態に保つのが最大の利点。

抗菌防臭作用があるのも特徴で、連泊の登山などでも活用されます。

MMAではこのメリノウールを3色に切り替えして、さらにデジタルカモ柄の胸ポケットを配置。
利点の多いメリノウールですが、製品の殆どは黒や紺の単色なので、漸くファッション的にも楽しみやすいモノが出てきたと感じた方も多いのではないでしょうか?

ロングスリーブは胸にハーフジップを備え脱着しやすくなっています。

デイリーユースでも違和感のないデザインは、街から山まで幅広く活用。
初秋には1枚で、秋以降にはアウターのインナーやベースレイヤーとして着まわせます。

個人的にはランニングでのメリノウール使用率は高く、秋冬では汗冷えを防ぐので野外にいる時間が長い時ほど重宝。
このカジュアル感で走れるのも力入りすぎなくていいなと思います。

メリノウールの使い勝手を自由なデザインで広げたMMAの3トーンシリーズ。
ラン〜山〜街と真にオールラウンドに着回せるウエアはかくあるべしという軽やかな提案です。

MMA商品ページ進む

MMAパフォーマンス志向のランパン発売

本日はMMAから秋冬の第1弾が入荷しました。

真っ先にご紹介したいのは、よりスポーティな方向に舵を切ったランパン&ランスカです。

Air Light Side Slit Run Pants

これまでのMMAのランパンと比較して、レングスを短くして足さばきを良くしました。

レングスは短くても4ウェイストレッチのライナーを装備。
フィット感よくはけ、サイドにはデジタルカモ柄をあしらってあるのがポイント。
さり気ないアクセントになっています。

アウターの素材はDotAirという東レの新素材。
FRANK AND MORRISとのコラボで初採用されたもので、通気性抜群のメッシュなので蒸れずに履けます。

バックポケットはパワーメッシュの3連。
パワーメッシュは伸びも強度も高いので収納力抜群。
大きなスマホをねじ込んでもすっぽり入っちゃいます。

同じ素材使いでランスカも展開。

同時発売のメリノウールTシャツもポケットにデジタルカモを使ってるので、相性バッチリ!

パフォーマンスを高めながらも、デザインも妥協したくないという欲張りなランナーに向けてのMMAかからの意欲作です。

MMA商品ページに進む

軽くて動きやすいナイロンパーカー

秋のアクティビティにおいては、動きやすいアウターが必要となってくるところ。
あなたはどんなものを準備してますか?

今週入荷の2WAYフードロングスリーブは、CCPからの提案。
一般的にはウインドシェルなどをTシャツの上に羽織ると思いますが、プルオーバーのナイロンパーカーといういわば死角からのアプローチです。

2WAYフードロングスリーブ

マットな質感のこのパーカーは素材にライクラタフタを使用。
薄手で袖を通すと接触冷感をうむヒンヤリとした肌触りでドライタッチ。
べとつきにくく蒸れずに着れます。

ライクラタフタは縦横2ウエイのストレッチがよく効いている事が特徴。
弾力性に富むのでのびのびと着れてフィット感があります。
この素材だとプルオーバーの方が着やすいということだったのです。

適度な防風性も備えており、冷え込みから体を保温。
小さくたたんでバッグにも入れやすい。
似た性格のものではTeton Brosのウインドリバーフーディがありますが、超がつく薄手で春夏向きなため、秋冬だとこちらが使いやすい感じです。

首元はノーマルの状態でネックウオーマー。
あげるとマスクになるので、冬には自転車やバイクなどに重宝。

ポケットは前身頃の下半分が繋がった大容量型。
袖口には指ぬきがついているので寒風の侵入を防ぎます。

デザイナーの佐藤さんもお気に入りの一着で、冬にはダウンの下に着て移動し、ハーフの大会ではアウター使いで完走されました。

ランの腕振りもストレスなくできて、汗冷えしにくいのが2WAYフードロングスリーブ。
カットソー的に着れる身軽さとアウターに求められる機能を兼ね備えている希少なパーカーです。

CCP商品ページに進む

補給には即効性のハチミツ!ハニースティンガー入荷

これからの季節、ランニングの大会は目白押し、ランナーの皆様はトレーニングに励まれてることと思います。
本日は本番に向けて即効性のあるエナジージェルを入荷しました。

Honey Stinger

Honey Stingerは、ハチミツを主成分としているエナジージェル。
通常、砂糖などの糖分を摂取するとビタミンB1やカルシウムを使ってブドウ糖と果糖に分解された後、体内でエネルギーとなりますが、
ハチミツはブドウ糖と果糖に最初から分解された状態のため、胃や腸に負担を掛けることなく即効性のエネルギー源となるのが特徴です。

クラシックエナジージェル/ゴールド

ハニースティンガー・ジェルの定番商品。
天然はちみつをベースにビタミンBコンプレックス、カリウム
、ナトリウムなどの電解質を成分としたエネルギーを即座に補給できるジェル。

天然はちみつは、ミツバチの巣から出る蜂蜜を巣のかけらなどの不純物を濾過して取り除いたもの。
加工されたはちみつとは異なり、ろ過されているだけなのでビタミンやミネラル等はちみつが持つ豊富な栄養分や本来の風味がそのまま味わえます。

100Kcal / 34gで展開はゴールドのみ。

オーガニックエナジージェル

オーガニックエナジージェルは、米国農務省の機関であるNOPが定めた厳しい基準をクリアした認定機関のみが使用することが可能なUSDAオーガニック認証をクリアしたオーガニックはちみつ、オーガニックタピオカシロップなどの成分に加え疲労回復の効果があるクエン酸やミネラルが入った体にやさしいエナジージェルです。
ヘルシー志向の方にもオススメ。

100Kcal / 32gで5種類のフレーバーを入荷しています。

オーガニックエナジーグミ

USDAオーガニック認証のオーガニックはちみつと有機タピオカシロップ、サトウキビジュースを成分としたALLナチュラルなエナジーグミです。

1日に必要とするビタミンCの摂取量に加えタンパク質と食物繊維が含まれているので、スポーツ以外でもスナック感覚の
サプリメントとしてもご利用頂けます。
グルテン、乳製品、遺伝子組換え原料は一切含んでいません。

160Kcal 50gで2種類のフレーバーを入荷しています。

使用法は運動中、レース中に補給される場合、30~45分毎に1本、そのままもしくは、水に溶かして摂取することがおすすめ。

アンバザダーにはトレイルランナーの山本健一さんが就任しており、この用法で海外の大会でも大活躍しています。

私も個人的に大会の時にはHoneyStingerを愛用しているのですが、まさに即効性が特徴で素早く疲労から立ち直れるのと、オーガニック成分主体なので、後味がスッキリしていて喉が渇きにくいのが、何より気に入ってます。

万全なエネルギー補給でご武運をお祈りします!

HoneyStinger商品ページに進む

ソフトで着やすいハイブリッドボタンダウン

Ministryから新型シャツ、ハイブリッドボタンダウンが入荷しました。

ハイブリッドボタンダウンは、先に入荷したハイブリッドシャツと同素材を用いたボタンダウン。

特徴その1は、なんと言ってもソフトな肌触りで超軽量な事。
パリッとしたシャツ生地とは真逆な心地良さです。

この素材はコットン40%配合とナチュラルな質感。
日本製のウルトラハイゲージジャージというニットです。これに加えで脇にはベンチレーションも備えているので通気性抜群。
通年で体温調節しやすいのが特徴です。

混紡されたポリエステルは湿気を逃がす役目を担い、群れを感知すると素早く外部に排出。
肌を常に快適に保ちます。

このニットのもうひとつの特徴はシワにならない事。
着用して15分ほど経つと体熱によって自然と元の伸びた状態に戻ろうとする働きが生まれ、シワが解消。
何もしなくてもいいって楽です!

柄は細かなギンガムチェックになって、カジュアルでもオフィスでも着回ししやすい雰囲気。
ボタンダウンはネクタイを締めない時にまとまりやすい襟元をつくります。

ジャケパンスタイルにももちろんフィット。

ソフトな肌触りでリラックスして着れるのが、ハイブリッドボタンダウン。
ノーネクタイでのびのびと働きたい方に朗報です。

Ministry商品ページに進む

変わりやすい天気に備えるウインブレ

9月は雨の日が交じる度にジワジワ気温が下がってるみたいですね。
CCPのウィンブレは、まさに今の季節から出番が増えてくるアイテムです。

Mサイズで190gと超軽量のボディは、撥水、防汚加工を施したナイロン製。

内ポケットに本体を丸めればコンパクトにまとまり、手のひら収まるサイズになります。
これくらいならバッグにも入れやすいですね。

高めの襟元はうっすらと中綿を入れてあり、フワッと立つのが特徴。パッカブルだからといってデザインで手を抜かないのはCCPらしいこだわりです。

袖口は指ぬき仕様なので寒くなってから重宝。

山間部は冷えるので大会の行き帰りの体温調節や、雨対策に最適。

自転車では首元が寒くなるので高めの襟足が役立ちます。

サイジングは少しゆったり目なので、パーカー類を下に着込んでも大丈夫。

パッカブルでスタイリッシュなCCPのウィンブレ。

この秋の移動にお役立て下さいませ。

ウインブレ商品ページに進む

次回のグループランは9月25日

代官山マウンテンランニングクラブのグループラン、次回は9月25日火曜日に行います。

集合は7時30分、出発は8時を予定してます。

コースは恵比寿 代官山 中目黒周辺で走りやすいコースを選定、小一時間ほどの緩やかなランになります。

お店では着替え、お手洗い、ウオーターサーバーなどをご利用いただけます。

またグループランなどの情報をお届けする代官山マウンテンランニングクラブのLINE@ができましたのでよろしければご登録ください。

ご登録は、LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでこのQRコードをスキャンしてください。
スマホの方はこの画像をクリックして下さい。

それでは皆様のご参加をお待ちしてます。

ご一緒に走りましょう!

TRAILTALON290 ウルトラトレイルに好適なモデル

今週から始まりましたinov-8、第2弾としてTRAILTALON290を入荷しました。

TRAILTALON 290 はクッション性とプロテクション、グリップ力を高次元で備えたウルトラトレイルに好適なモデル。

まずはこの映像をご覧下さい。

スタックハイトはヒールで19mmとかかとに厚みのある構造。
これによってドロップも8mmとinov-8のテーマの一つであるナチュラルランニングもしやすいバランスになっています。

アウトソールには大粒で深めのスタッズを多方向に配列したことで、グリップはアグレッシブ。
ラバーは粘着質に富み、かかとには最も硬質なものを、土踏まずには中間の粘りのあるものを、周辺部には柔らか目を配して安全性を高めました。

ミッドソールは衝撃吸収性を重視した2層構造に。

中足部にはロングランでの足のむくみに対応しながらフィット感を高めるADAPTERFITを搭載しているのが特徴。
シューレースを結ぶ事で、足との一体感を高めた仕様になっています。

inov-8は英国のブランドらしく、黒を基調として対称色を引き立たせるコントラストの強いデザインが持ち味。
TRAILTALON 290もウエアに黒を入れると引き締まった感じにまとまります。

実際に履いてみると、重心が高めで固めのクッションの反発を受けながら走れること、スタックハイトやドロップの配分が脚力をカバーしてくれるセッティングになっていることも含めて、長距離の後半に心強いです。
プロテクション、安定性は共に高いので悪路での走破性にも期待が持てます。

inov-8商品ページに進む

体温調節に適したフルフェイスロングスリーブ

今週は涼しくなって秋の風が吹いてますね。
朝晩と昼で寒暖差が出てきましたから、体温調節が気になるところ。

CCPからはフルフェイスロングスリーブが入荷してきました。

ドライタッチな肌触りで通気性も良いので、蒸れ感が抑えられ、ロンT感覚で着れます。

フルフェイスシリーズの特徴はこのフード周り。
首元がゆったりしていて、自然のままでネックウォーマーになり、上げればマスク。
寒い時期に重宝するので季節をまたいで長く出番があります。

サイドにはコンシールファスナー付きポケットがあるので、アウター的に着るときに便利。
袖口には指ぬきがあり、自転車にも乗りやすい仕様です。

今回の素材はダイナマックス。
縦横2WAYのストレッチ性がとてもよく効いていて、フィット感が抜群!
着用感はまんまスポーツウエアです。
寒い季節のジョギングにも適しています。

ダイナマックスだけの特性は、太陽光を浴びて赤外線を吸収し、優れた吸熱、保温効果を発揮すること。
冬の外出からストリートスポーツにおいて、動きやすく汗冷えを防ぎます。

マットな表情がよく出ていて、生地も柔らかいのでコーディネートして見てれば、何ともしなやかな雰囲気に。

数多く出ているフルフェイスパーカーの中でも、今回初登場のダイナマックスは暑くなく着れて、冬は保温してくれるので体温調節に向いたバージョンです!

CCP商品ページに進む

TRAILROC270 トレイルのオールラウンドモデル

今週は新規取り扱いブランとしてinov-8のTRAILROC270を入荷しました。

inov-8はイギリスの湖水地方で誕生した主にトレイルランニングを得意とするシューズブランド。
道なき道を行くハードなランニングのためにブランドが追求し続けているものは2つ。

あらゆる地形に対応できるグリップ性
怪我を少なくし速く走るためのナチュラルランニング

です。

TRAILROC270はエリートトレイルランナーのPeter Makisimow(米国)と共同で開発した、シングルトラックからハードバックトレイルまで様々な路面で頼りになるオールラウンドモデル。

スタックハイトが10mm、ドロップは4mmと比較的薄めのソールでナチュラルランニングに適した構成です。

アウトソールには小さな三角形のスタッズを多方向に配列し、様々な路面で強力にグリップ。
かかとには強度、土踏まずには粘り、周辺部は保護性を求めて3種類の異なるラバーを使用しています。

ミッドソールはクッション性を重視するとともに、面積が広く剛性の高いシャンクを採用。
これによって足を保護するとともに地面から突き上げを軽減しています。

アッパーは縫い目のないメッシュ素材を使用し柔軟性の高いはき心地を実現。
シューレースを締めることでミッドソールから包み込まれるようなホールド感とアーチサポートを得られます。

TRAILROC270をinov-8の最初のモデルとして入荷したもう一つの理由は、数多くのトレイルシューズがある中でも際立つデザイン性。
全体にシンプルでありながら鮮やかな色使いは、合わせるウエアとともにランナーのテンションを自ずと高めます。

TRAILROC270を履いた印象は、アッパーはソフトな肌触りで土踏まずからかかとまでしっかりホールドしてくれる。
重心は低めでソールは路面の情報をしっかり伝えてくれる。
グリップに信頼感が持て安心してハードな状況に飛び込んで行けることです。

つま先や甲幅は標準的なので、だん広の方や厚めのソックスを好まれる方は、通常よりハーフサイズ上を選ばれるのも良いかもしれません。

一足でオールラウンドに様々路面をカバーできるトレイルシューズをお探しの方に安心しておすすめできるモデルがTRAILROC270です。

inov-8商品ページに進む