Hydrotac 水で貼るだけの老眼鏡レンズ

今週は水で貼るだけの老眼鏡レンズ、Hydrotacが入荷しました。

40代に入るとだんだん近くのものが見づらくなることが増えると思いますが、老眼は一気に生活に支障をきたすというわけではないので、ちょっとした補助があると便利だと感じてる方は自分も含めて多いのではないかと思います。
Hydrotacはそんな方々にとって朗報となる、ありそうでなかったアメリカ生まれのリーディングレンズです。

レンズ本体は、透明な半円形の弾力性のあるポリウレタン。

お手持ちのアイウエアに、水を一滴さすだけで装着できます。
何度でも繰り返し脱着できますし、形はレンズに合わせてハサミで切れるのが便利です。

度数は4段階から選べます。

クリアレンズにつけても視界を遮ることなく使えて、必要な時だけ下方向に目線を移すとHydrotacの領域に入ります。

釣りの餌付、スマホの地図の表示、ダイビングでの観察など、いちいち遠近両用メガネを作っていたらキリがないところを一枚のレンズを使いまわせるので、アクティビティへの応用範囲が広がって大変便利です。

自分も実は遠近両用メガネを作ったのですが、なかなか使う機会がなかったのが正直なところ。
でもこれならよく使うサングラスやPC用メガネにつけられてすぐに役立ったので、時代の変化というか必要になる場面への利便性をついたよくできた商品だと実感しました。

税抜き2900円と安価なのもすごいコスパです。

Hydrotac商品ページに進む

ripa 全品カスタムメイドされる個性派バッグ

本日は新規取扱ブランド、ripaの商品が入荷しました。

2ウエイショルダーバッグ、gronです。

gronは、本体前面に入った斜めのベルトがそのままストラップとなって対角面に導かれているのがデザイン面での特徴。これは身につけた時に本体が体から浮かないで寄り添うようになるための配置で、メッセンジャーバッグのバックルも装備しているので、自転車に乗る時にはしっかり固定することもできます。

素材には蝋引きのキャンバスを使用しているので、最初はごわごわしてますが、使い込むに連れて柔らかくなり、味が出てくるのを楽しめます。一年に一回くらいは洗って手入れしていくのも、目が詰まって丈夫になるのでオススメだそうです。
蝋引きは撥水効果もあるので、雨に強いのも嬉しい点です。

ポケットやキーリングなどもデザインを損なうことなく、要所に配置されて使い勝手を高めています。

ハンドルがついているので、持ち替えも楽。

gronは実用的な機能をしっかり装備ながらも、サイクルバッグの域にとどまらず、カジュアルに使うことを重視したキャッチーなデザイン性が肝のアイテム。
自転車に乗る日も、乗らない日も等しく外出を楽しむためのバッグです。

ripaの製品は全て取扱店のカスタムオーダーによって製作されていますので、型はgronで共通でも、お店によって配色やステッチなどディテールが異なります。
お店でオーダーすれば、世界に一つ、あなただけのgronを発注することも可能です。

全品ハンドメイドされるガレージブランドだからこそできる、個性豊かな表情をお楽しみください。

ripa商品ページに進む

Gnome(ノーム) オフを楽しむためのチルアウト系Tシャツ

新規取扱ブランドとしてGnome(ノーム)のTシャツが入荷しました。

Gnomeはブルックリンにアトリエを構えるシルクスクリーンファクトリー。
自転車のパーツを仕入にニューヨークに行ったバイヤーが、ブルックリンのマーケットでふと目にしたことから日本への輸入が始まりました。多分こんな感じでご本人達にご対面されたのだと思います。

上のブランドマークも独特ですし、アートワークは版が擦り切れたらおしまいという、とてもシンプルな生産計画だといいますし、グローバルにマーケティングされているものと違った感覚は大いに新鮮です。

Gnomeがアートワークにおいて大切にしているのはウオーム感。
気合をいれて着るTシャツというのもあると思いますが、Gnomeの場合は逆のようで和んで元気になる感じです。

Sloth
ナマケモノをモチーフにしたGnomeのユルさを象徴するアートワークです。

Vikings
ほのぼの感がたっぷりめ。

Lumberjack VS Tree
ちょっとキレてる感じがユーモラス。

ボディはアメリカンアパレルの綿ポリのものを使用しているので、汗の渇きが速く、暑い夏にも快適。
基本的に杢調の素材使いなので、アートワークの柔らかさと良い相性です。

スポーツやアクティビティをオンとすれば、Gnomeはオフを楽しむためのユニークなチルアウト系Tシャツメイカーと言えます。

Gnome商品ページに進む

アクティビティ対応のナップサックはどこが新しい?

ナップサックって巷では随分流行ってるようですが、使ってますか?
自分は背負ったときに、腰まで下がってくるのがどうにも苦手で、ぶらぶらする感じにハマれなかったのですが、CCPからこの悩みを解決する画期的なナップサックが発売されました。

見た目には超シンプルなこのナップサック、何が新しいのかというと、両側の底部についたバックルでロープの長さを調節できるのです。

背負ったらロープをググッと下に引くと、バックルから上の部分が短くなるので背負う位置が高くなって、ボディに固定されます。

これによってふらつきがなくなり、動きやすいナップサックが生まれました。

素材には撥水の効いたMA-1ナイロンを別注しましたので、街から山まで天気を気にせずにオールラウンドに使えます。

背中の汗が気になる季節のサイクリングには、メッセンジャーバッグ風に斜めがけしてボディに固定できます。

B4の入るM、A4の入るSの2サイズ展開。

ジョギング、ハイキングからちょっとした外出、旅行までコンパクトに荷物を運べます。

CCP商品ページに進む。

CCP 初夏のクロップドパンツを3型発売

そろそろ夏の暑さになるらしく、全開とまでは行かなくても夏っぽいアイテムを一つは身につけて気分を変えたくなる季節が来ましたね。
そんなことで先週、今週とあわせてCCPに初夏に履きやすいクロップパンツを3型、コネクテッド限定でお願いしました。

STREAM CROPPED

STREAMHK_8

CCPとダブルネームで製作したパンツがSTREAM。このパンツは生地がいいんです。
軍パンに使われる丈夫なリップストップでストレッチのが効いた生地は、薄手なのでこれからの季節にちょうどよくて、とにかく軽いはき心地。
両側のポケットも大容量なので、Tシャツ一枚で色々詰め込んでも安心できます。
トップスはシャツジャケットを選択。

HICKORY CROPPED

夏っぽいカジュアルなヒッコリー柄、洗いざらしのシワ感が浮き出たコットンを使用したクロップパンツです。
デザインは柄の良さを引き立てて、いたってシンプル、シルエットの良さで勝負です。
この生地は洗っていくとどんどん味が出てくるので履き込むにつれてユーズド感を楽しめます。
トップスはポロシャツを選択。

BOOMERANG SLIM CROPPED

Boomerancrop_6

バックヨークの部分に流れるようなラインで生地の切り替えが入った7分丈パンツ。
ベースにストレッチデニムを使用し、切り替え部分にも2wayのストレッチ素材を使用したことで動きやすさ抜群です。
このパンツの7分丈は出たことがなかったのですが、かなり相性の良いデザインです。
トップスはビラテラルシャツを選択。

3型それぞれにデザインのバランスがあって長さはまちまちですが、どれもちょい長めの丈感に仕上がっています。
暑くなったらロールアップできるし、夏でも天気が変わりやすいことを考慮すると、季節をまたいで履いていくのにはちょい長がベストです。

CCP商品ページに進む

VELO SPICA サイクルキャップはこんなにも遊べるものだったのか?

今週は新規取扱ブランド、VELO SPICAの商品が入荷しました。

VELO SPICAはサイクルキャップの専門ブランド。
しかしただのサイクルキャップではありません。

RIPSTOP MESH CAP

サイドにメッシュをあしらい大胆に通気性を高めつつも、ほのかにカワイイキャップです。

自転車以上に発汗量の多いランニングにこのキャップはとてもよくフィットします。

でも小径車にも似合っちゃうしなやかなバランス感に仕上がっています。

CROSS BANDANA CAP

クロスチェックのバンダナ柄を全面にあしらったことでファッション性豊かなアクティビティキャップ。
素材にクールマックスを使用することで吸汗速乾性が高く、夏のアクティビティを快適にします。

これはバンダナとキャップという2つの被り物を一つにしたような斬新なアイデアだと思いました。
なんだかサイクルキャップの域を超えてますよね。

後ろ向きにかぶるのも首の焼けを防ぐのでありです。

たかがサイクルキャップ、されどサイクルキャップ。
作り手の視点次第でこうもサイクルキャップは新しくなれるか、ということを示してくれた新鮮なブランドです。

VELO SPICAの全ての製品は1点づつハンドメイドで生産されています。

VELO SPICA 商品ページに進む

CCP nau 素材やギミックで遊ぶカジュアル

4月最終週はCCPとnauから久々にカジュアルラインのウエア類が入荷してきました。

シャツジャケット
麻とポリエステルを甘く織り上げた気持ちいい素材感が楽しめる一着。
この時期、日中の気温は上がってきましたが朝晩や日陰など肌寒さも共存してるので、下は短パンでも上は軽い長袖があると重宝しますね。
CCPのシャツジャケットは通気性がよくベトつきにくいので、梅雨や夏山と徒然に役立つ着まわしウエアとなります。

ビラテラルシャツ
裏と表とで柄の違うチェックが楽しめるふわふわのダブルガーゼを使用した半袖シャツです。
肌ざわりがとてもよく、オーガニックコットンにテンセルをブレンドしたことで、速乾性のあるこの素材は一枚でも着れるので真夏まで着れて重宝します。

ワンダーTシャツ
オーガニックコットンのナチュラル感にリサイクルポリエステルをブレンドしたことで速乾性を出した素材が心地よいクルーネックカットソー。シンプルなデザインですが、肩の切り替え一つで甘すぎない印象にまとまってアーバンに着れます。

バイクパンツ
全体で見ると実にシンプルでスリムなチノパンなのですが、腰のヨークについたファスナーを開くとアクションプリーツが出てきて、ペダリングなど動きが断然よくなります。
撥水かつストレッチの効いた素材使い、リフレクター装備、スレ防止の内股のクロッチなど随所に自転車の街乗りを楽しめるギミックが満載されたパンツです。

カジュアルといっても素材やギミックで普通じゃない裏付けを持ったウエアづくりを信条とし、アーバンに着れるスタイルを提案するのがCCPとnauの共通項。
アクティブ感は前面に出ずにリラックスして着れます。

CCP商品ページに進む

nau商品ページに進む

LIGNE8 新作は街ベースのパフォーマンスウエア!

サイクルスポーツのチームジャージをオーダーメイドで生産するチャンピオンシステムのシティライン、LIGNE8(ラインエイト)の17年新作が入荷しました。

今季はサイクルジャージが新たに加わったことが特徴です。

アジアの蒸し暑い気候でのサイクリングでも肌を快適に保つ、吸汗速乾素材を使用、換気のしやすいフロントフルオープン仕様、裾には滑り止めのシリコンがたっぷり目にプリントされ、3連のリアポケットにはリフレクターを装備するなど、サイクルジャージとしての機能はオーダーメイドアイテムと同等に行き届いています。

LIGNE8のサイクルジャージは大会などでの使用する機能性を備えつつ、ツーリングや街乗りなどに適したデザインンになっていることがポイント。
かなり細部まで丁寧に作り込まれてあります。

超軽量ながら防風と撥水に優れたウインドベストも入荷していますので、合わせて揃えておくと体温調節がスムーズです。

昨年も好評だったカジュアルラインからはグラデーションプリントが鮮やかなクルーネックTシャツが出色の出来。
吸汗速乾に優れた高機能素材を使っていますので、サイクリングはもちろんランにも活用できます。

LIGNE8の新作は日本ではCONNECTEDが先行発売していますので、ゴールデンウイークには店頭でお手にとってご覧くださいませ!

LIGNE8商品ページに進む

ギアとしてのバッグをタウンで使う! MMA RawLow Mountain Works

今週は個性的なバッグが2型入荷しています。

Bike’N Hike Bag
先週から取扱を始めたRawLow Mountain Worksからリリースされた、画期的なサドルバッグ。

サドルバッグとしては容量で8lから10lと大容量で、サドルへの装着はとても簡単です。

特徴となるのは自転車からはなれたり、輪行したりする時にバックパックとして背負えること。
特に輪行するときは車体を持つことになるのでハンズフリーで使えるバックパックがあるとこの上なく便利です。

Bike’N Hike Bag / RawLow Montain Works
税込17,280円  アンバーブラウン フォレストグリーン

Running Backpack DUSTY
ひとつで多くのシーンに対応する多目的なランニングバックパック。

DUSTYは各部分に調整付属が行き届いているのが特徴で、ボディに揺れなく固定できるためランニングを快適にします。

今回からは2サイズの展開となったため選択肢ができました。
画像は MLで約8ℓ容量。ポケットが多いために細かく仕分けして入れるとこれだけのものが入ります。

街にも映えるデザインなので、トレイルランニングはもちろんのこと、日帰りトレッキングや自転車など、ライフスタイルに合わせて使えます。

DUSTY / Mountain Martial Arts
税込25,920円  ブラック レッド

Bike’N Hike BagとDUSTY。
どちらも専門領域で役立つギアとして開発されたバッグでありながら、タウンユースで使える懐の深さを含んでいることが共通項。
今まで使ってなかった目的で道具を使ってみると、新たな発見がありそうです。

MMA商品ページに進む

RawLow Mountain Works商品ページに進む

ベースボールキャスケット かつてなかった帽子の形!

毎回工夫を凝らした小物を発表して楽しませてくれるSCOPEDOGから、春の新作第一弾として帽子が発表されました。

ベースボールキャスケット
帽子というとなかなか新しい形は生まれにくいというのが定説なのですが、久々に形で新しいものを提案をしてきたのがべースボールキャスケット。

前面の形状からしてキャスケットあるいはハンチングの系統ですが、注目していただきたいのは後半分のフォルム。丸みを帯びた本体はほぼ半球型になっており、キャップの様です。


装着感はキャスケットにはあるまじきかぶりの深さで、後ろでサイズを調整してやるとしっかりしたホールド感が得られ、まんまキャップの装着感。

正直に言いまして、私個人はキャスケット、ハンチングの類はまるでダメなクチで、かぶりの浅いもの全般が苦手でしたので、展示会で見た時にもかぶろうとはしなかったのですが、勧められてかぶって見て驚いた次第です。

あれ?  自分でもかぶれるキャスケットがあった!

そんなことから新しい形を提案してると言って大袈裟でないと納得しました。



夏でも蒸れずに使える様に菊穴で通気性をよくし、裏地としてメッシュばりになっているので汗も乾きやすい快適仕様。


春になって何かかぶりもの関係で新しいのを探しているあなた、ものは試しでかぶってみてください。
見た目以上に装着感にハッとします!

BASEBALL CASQUETTE 4900円 (税抜き)
グレーブラック ブラックグレー

SCOPEDOG商品ページに進む