タグ別アーカイブ: バックパック

AMOA ソリッドすぎるナップサックが新鮮!

本日はAMOAから秋冬新作のナップサックが入荷しました。

AMOAは登山を楽しむデザイナーの吉田寛さんが2014年に仲間とともに立ち上げた東京のバッグ工房。
メイドインジャパンにこだわり、無骨な素材をシンプルなデザインに落とし込んで、使うほどに味が出てくる物作りを真骨頂としています。

昨年はスーパーハードなワックスドキャンバスを使ったバッグが好評でしたが、今年新たに取り組んだ素材は丈夫で撥水性に優れた高密度ナイロン。

素材に高級感があり、剛性の高さがいわゆるナップサックとは一味も二味も違う仕上がりとなっています。

ショルダーストラップもロープではなく、ナイロンベルトを二つ折りにしたものを使用しており、最初は口を締めるのが硬いですが、使い込むほどになめされて柔軟性が出てきます。

大容量のサイドポケットは止水ファスナーでがっちりガードされてあり、メイン収納から独立しているので使い勝手が良好。
本体は15インチノートPCも入るので、デイリーユースの実用性も充分です。

カーキとブラックの2色展開。

今回もソリッドすぎるくらいにソリッドな仕上がりとなったナップサックですが、長く使えて使うほどに馴染みがよくなるエイジングを前提としたバッグ作りはAMOAならではの真骨頂が感じられます。

AMOA商品ページに進む

革新的発想! ストロールトートバッグ誕生 !!

ミニマルでソリッドなデザイン、練り込まれた機能性でサイクリストの枠を越えて多くの愛好者を生んだBerufのバッグ Sコレクションに、今回革新的なニュープロダクツが搭乗しました!
ストロールトートバッグ

自転車に乗るときはもちろんバックパック・スタイルで、自転車を降りたらトップのハンドルを握って持つだけでトートバッグへとスムースに変形します。
何も取り外しや付け替えが要らずただハンドルを握るだけでスルリ!
おお!
というのが革新的なのです!
その仕掛けはトートバッグ用のハンドルとバックパック用のハーネスが共通のストラップで構成されていることにあります。

ここから

ここへ

外出先で増えた荷物にも対応可能なロールトップ方式

サイドからメインコンパートメントにアクセス可能ですので、普段の荷物の出し入れはこちらから。
アウターは耐久性に優れたコーデュラナイロンを使用。インナーは防水性のあるPVCターポリンを全面に縫い合わせてありますので、縫製品としては非常に高レベルの防水性を実現しています。

アウターポケット内側に細かな収納に役立つオーガナイザーポケットがあるのも、行き届いた仕様です。

自転車で移動する目的は、通勤からポタリング、ツーリングまで様々ですが、自転車に乗っている時間と同じくらい降りている時間があるもの。
駅や駐輪場でライドから歩行への切り替えは施錠や器具の取り外しなど注意事項がいろいろあるので、常にばたばたしがち。
そんなとき、持ち替えがスムーズでポケットの豊富なバッグがあるとこのうえなく便利です。

デザイナー自身が自転車と電車の乗り換え通勤の中から、生まれた発想をもとに半年以上の試行錯誤を繰り返して完成したというリアルコミューターのためのバッグがストロールトートバッグ

これは良く出来ています…..。